コストコの「チリ産種なしぶどう」を主婦がチェックしてみた結果

野菜や果物のラインナップも充実しているコストコ。でも、聞きなれない品種だったり、海外産だったりと、なかなか手を出しにくいですよね。

たとえばコストコの『レッドシードレスグレープ』はオールシーズンで販売されている、皮ごと食べられるぶどう。この時期はチリ産のものが並んでいますが、鮮度や味、コスパ的な面ではどうなのでしょうか?

そこで、mitokではコストコ食材のアレンジレシピでお馴染みの塩野めいこさんに、ガチンコのレビューを依頼。2歳・4歳の男児を育てる主婦の目線から、厳しくチェックしてもらいました!

 

※本検証は、2018年1月31日に購入した1パックについてのものです。個体差、保存状態、購入店、入荷時期などによって、品質は異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。あくまでも判断材料のひとつとして参考にしていただければ幸いです。

『レッドシードレスグレープ(チリ産)』の商品情報

  • 価格|1,298円(税込)
  • |1,840g(実測値)
  • 単価|100gあたり70.5円
  • 産地|チリ
  • メーカー|subsole
  • 購入日|2018年1月31日
  • 消費期限|記載なし

『レッドシードレスグレープ』と『グリーンシードレスグレープ』は、コストコで買える定番のくだもの。通年で販売されている理由は、季節ごとに産地を変えているからでして、この時期はチリ産となります。

鮮度は?

大きな容器に、ぶどうが5房。それぞれ計測してみたところ、約420g、約260g、約220g、約310g、約630gの重量でした。結構バラバラですが、トータルで1.8kg超となっています。

ぶどうの粒は張りがあり、うっすらと粉のようなものがついています。これは「ブルーム」といって、果実自身から分泌されたもの。水分の蒸発を防ぐ役割があり、新鮮さの目安になります。また、枝の切り口も乾いていなかったので、全体的にフレッシュな印象です。

味は?

実の中には種がなく(名残のようなものはある)、そのまま食べられるのが特徴。ただし、皮に歯ごたえが結構あり、「シャキ! シャキ!」と、新鮮なレタスを食べた時のような音がします。その中身はジューシーで、濃厚なぶどうの味わい。なので、野菜のようなフルーツのような、不思議な感じですね。甘くて非常においしく、テレビを見ながらスナック菓子のようにポイポイッと食べていたら、あっという間に1房なくなっていました。

ただし、皮にはかすかに渋みがありますので、敏感な人はちょっと気になるかもしれません。

コスパは?

近所のスーパーでも、この時期、チリ産の種なしブドウが売られていました。そのお値段は300gで429円。100gあたりの単価は143円となります。

いっぽうコストコのものは100gあたり70.5円。ゆえに非常にコスパがよいと言えるでしょう。

ちなみに、以前は、日本のみ1.3kgパックで販売されていたのですが、そちらの扱いは終了(店員さん談)。現在は世界共通サイズの1.8kgパックでの販売となっています。

『レッドシードレスグレープ』のおすすめ度は?

おすすめ度 ★★★★★

  • 甘くておいしくてコスパ良し!

さすがにコストコの看板商品的存在だけあって、味もコスパも満足度が高いですね。季節に関係なく購入できるのもうれしいところ。

このぶどう、そのまま食べてもおいしいですが、ヨーグルトサラダもおすすめ。個人的にお気に入りなのは、パルテノ(はちみつ付き)に合わせるというもの。皮から感じるうっすらとした渋みを気にせず、おいしくいただけるんです。ぶどうのシャッキリとした歯触りと濃厚なヨーグルトが好相性で、グラノーラを混ぜれば朝食としてもピッタリですよ!

「食べきれないな」と思ったら、きれいに洗って、早めに冷凍してしまいましょう。アルミホイルに包むとスピーディーに冷凍することができます。凍ったらチャック付き保存袋に移し、1カ月を目安に食べきるようにしましょう。