コストコ『bibigo 豚カルビ煮込み』のおすすめ度は? 気になる具材量や味をチェック

コストコ(Costco)で販売されている『bibigo 豚カルビ煮込み』をご存じでしょうか。

甘辛スープで煮込まれた豚バラ肉がたっぷり投入されたレトルト食品です。肉は厚めでほどけるような食感で食べやすく、しかも量が多い。満腹系。味付けはかなり甘い傾向なので、好みは分かれそうなところ。まずは甘め系がお好きな方、お試ししてみるかとよいと思いますよ。

bibigo 豚カルビ煮込み|777円

おすすめ度 ★★★☆☆

レトルト食品コーナーあたりで見かけたりする『bibigo 豚カルビ煮込み』は777円(税込)。1袋350g(1〜2人前)の2個セット。レトルトパウチ仕様で、調理は湯煎なら約10分間、電子レンジなら中身を容器を移してラップがけで約3分間(600W時)、鍋なら中身を移して沸騰するまで加熱すればOK。「bibigo」は韓国の大手総合食品メーカー、CJ第一製糖が展開するブランド。コストコで(たぶん)人気の「bibigo 水餃子」も同社製品ですよね。

やわらか煮込み豚たっぷり! 甘い味付けは好みを分けそう

厚切りの豚バラ肉がたっぷり。繊維がほどけるように崩れる煮込み具合は絶妙だし、なにより量が多くてサービス感たっぷりなのが好印象ですね。好みを分けるとしたら、かなり甘めの甘辛スープでしょう。韓国料理独特の、と言えばよいのか、梨やリンゴを使った果実醤油をベースに、砂糖的甘みを強く感じる味わい。ややとろみのあるスープは、こってりとした脂質感や肉の風味、スパイス的辛味、塩気もしっかりあり、単純な甘さではないのですが、それでも総じて甘い傾向であるとは言えるでしょう。

豚肉だけでなく、にんじんや銀杏など野菜類の具材も存在感はばっちり。何も追加することなく、温めればすぐに満腹メニューが出来上がる点はありがたいですね。

1袋に対してご飯茶碗1杯分の米を混ぜて食べるのもおすすめ。とろっとしたスープとご飯がよく絡み合って、甘辛テイストを余さず味わえますよ。

*    *    *

『bibigo 豚カルビ煮込み』はボリューミーで完成度の高いレトルト食品です。けっこう甘めの味付けが好みを分けそうなので、おすすめ度は★3としましたが、この手の味付けがお好きな人であれば、数セットまとめ買いもアリかと思います。

商品情報

  • 内容量|350g × 2袋
  • カロリー|1袋あたり390kcal(たんぱく質 40.3g、炭水化物 41.3g、食塩相当量 4.7g)
  • 製造者|CJ第一製糖
  • 原産国|韓国
  • 輸入者|シージェイジャパン
  • 原材料|豚バラ肉、たまねぎ、にんじん、果実入りしょうゆ(しょうゆ、梨、大根、りんご、こしょう)、砂糖、水あめ、マリネ調味液、にんにく、たまねぎペースト、野菜スープ、牛肉エキス、ぎんなん、コーン油、梅果汁、香辛料、シュガーシロップ、たん白加水分割物/調味料(核酸等)、香辛料抽出物、増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、炭酸水素Na、酸味料、(一部に小麦・キウイフルーツ・牛肉・大豆・豚肉・りんごを含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。