コストコ『エビのマヨソース』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

コストコで販売されている『エビのマヨソース』はご存知でしょうか。

温めるだけで食べられるレトルト中華料理。ふんわりとした衣をまとうエビに、甘くてまろやかなオーロラソースがよく絡んでいます。このソース、野菜にもよく合うので、付け合せとしてブロッコリーなどを用意しておくのがおすすめです!

合食|エビのマヨソース|1,098円

おすすめ度 ★★★☆☆

こちらがコストコのチルド食品コーナーで販売されている『エビのマヨソース』。水産加工食品のメーカー・合食製で、お値段は1,098円(税込)です。

コストコでは『エビのチリソース』と一緒に陳列されている本品。けっこう目立っていますよね~。

チルドのレトルト食品で、1箱に3パック(1パック220g)入っています。1パックあたりのお値段は366円ですね。

調理は温めるだけ。鍋にたっぷりめのお湯を沸かして袋のまま入れ、約4分50秒ほど加熱します。この方法、パッケージには「ふっくら出来上がります。」とのアピールあり。

または、電子レンジも使用可。袋から中身をお皿に出してラップをかけ、500Wで約2分40秒温めます。お手軽ですが、エビが固くなりがちなのが難点ですね。

エビが8尾、厚めの衣にくるまれて入っていました。たっぷりのマヨソースは、マヨネーズ+ケチャップの、甘くてコクのあるオーロラソースですね。

一口サイズのエビは、ボイルでもやや硬めの食感…もうちょっとプリッとした歯ごたえがほしいですね~。エビを覆うたっぷりとした衣は、ややザクザク感の残るふんわりとした舌触りで、ソースがよく絡みます。ちなみにこの衣は、ソース全体に混ぜ込んであって食感を出していますよ。

マヨソースは少し酢が効いたまろやかな甘さ。最初はいいのですが、この味一本槍なのがちょっと飽きやすいかも。かと言って、ご飯にはちょっと合わない味なんですよね。それよりも付け合せとして野菜を用意しておいて、マヨソースをたっぷりと付けて食べるのがおすすめ。甘めのクリーミーなドレッシングとしてちょうどいい感じです!

*    *    *

『エビのマヨソース』は、『エビのチリソース』のような辛みがないぶん、誰でも食べやすいですよ~。エビを食べ終わるとソースがたっぷり余ってしまうので、野菜を用意しておいてガッツリと摂取するといいでしょう。

商品情報

  • 品番|0012052
  • 内容量|660g(220g×3袋)
  • カロリー|1袋あたり365.2kcal(炭水化物 27.06g)
  • 保存方法|10℃以下で保存
  • 製造者|合食
  • 原材料|えび、半固体状ドレッシング(食用植物油脂、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、食用精製加工油脂、醸造酢、卵黄、その他)、無糖練乳、ねぎ、トマトケチャップ、還元水飴、植物油脂、砂糖、蒸留酒、レモン汁、食塩、でん粉、乾燥卵白/加工デンプン、増粘剤(加工デンプン、アルギン酸、キサンタンガム)、ポリリン酸ナトリウム、トレハロース、炭酸水素ナトリウム、香料、(一部にえび・卵・乳成分を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。