コストコの野菜『シーアスパラガス』はシャキシャキ食感の塩味でサラダ具材におすすめ

コストコで販売されている『シーアスパラガス』はご存知でしょうか。

サリコルニア、アッケシソウとも呼ばれる、海辺で育つ野菜です。生でも食べられて、食感はシャキシャキ。そしてこれ自体がしょっぱい! サラダの具材として使えば、味付けにもなりますよ。

ザ グロワーズ|シーアスパラガス|798円

こちらがコストコで見かける『シーアスパラガス(Sea Asparagus)』(品番:17557)。「サリコルニア(Salicornia)」「アッケシソウ(厚岸草)」とも呼ばれます。300g入って、お値段は798円(税込)。原産国はイスラエルで、ザ グロワーズ社(THE Growers)の商品をコストコが輸入したものとなります。

海辺で育つヒユ科の植物(海藻ではありません)で、生育過程で塩分を取り込んでいるため、ナチュラルにしょっぱいのが特徴。日本ではあまり活用されていませんが、ヨーロッパなどではミネラルやたんぱく質などの栄養素が豊富なスーパーフードとして流通しています。

塩味しっかりでドレッシング代わりになる

シーアスパラガスは、そのまま生で食べられます。さっと洗って、他の野菜と一緒に盛り付ければサラダのできあがり。シャキシャキとした食感で、噛むうちに塩気が口の中に広がってきます。海水ほどではないものの、けっこうしょっぱいですね。ドレッシングは控えめにして、これを味付けとして利用しましょう。また、ほんのり青っぽいクセがあります。香草が苦手な人はウッとなるかも。

茹でると緑色が鮮やかになり、食感はしんなり柔らかになります。ただ、塩味の濃さは茹でてもほとんど変わらない印象。とにかくシーアスパラガスを使うときは、ドレッシングや塩、醤油といった味付けを軽めにするのが肝要です。カツオのたたきをサラダ仕立てにして、スライスオニオン、みょうがなどと一緒にいただく際は、茹でたシーアスパラガスのしんなり食感のほうが、目立ちすぎずよいバランスでした。

*    *    *

『シーアスパラガス』はナチュラルにしょっぱい野菜です。サラダの具材として利用するのがおすすめ。1パック300gなので、5~6回分(1回50~60g)になりますよ。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|17557 ■内容量|300g ■製造者|ザ グロワーズ ■原産国|イスラエル ■輸入者|コストコホールセールジャパン