コストコにある『ベジーマリア ブロッコリー』はサイゼリヤ風「くたくた」にうってつけ

コストコで販売されている『ベジーマリア ブロッコリー(2.27kg)』はご存じでしょうか。

エクアドル産の冷凍ブロッコリー。100gあたり約40円とコスパが優秀です。茹でる、焼く、レンチンなど、好みの方法で加熱すればOK。冷凍ものはフニャッとしがちですが、サイゼリヤの「ブロッコリーのくたくた」風に調理すればまったく気になりませんよ~。

アスク|ベジーマリア ブロッコリー(2.27kg)|899円

こちらがコストコの冷凍食品コーナーで販売されている『ベジーマリア ブロッコリー』(品番:26118)。内容量2.27kgで、お値段は899円(税込)です。100gあたりのコスパ(単価)は約40円。

エクアドル産のブロッコリーを新鮮なうちに冷凍したもの。アスクの冷凍野菜ブランド「ベジーマリア」の商品で、サイトには掲載されていないコストコ仕様の大入りサイズ。

ちなみに、コストコで見かける冷凍ブロッコリーとしては『New World Farms ブロッコリー(2.27kg)』もあります。コスパはほぼ同等なので、見かけた方をゲットするとよいでしょう。

調理方法は?

ボイルする場合。熱湯に凍ったままの本品を入れ、2分ほど茹でて取り出せばOKです。ほかに、フライパンで炒める、電子レンジで加熱するといった方法がありますよ。

茹でてザルに上げ、粗熱を取ったらもう食べられます。仕上がりは柔らかめ。それでもそこそこ歯ごたえがありますね。そしてブロッコリーの青っぽい風味がしっかり感じられます。このままサラダとして、ドレッシングなどをかけていただきましょう。

卵とブロッコリーのサンドイッチもいいですよ~。茹でたブロッコリーを小さめにカットし、卵のフィリングといっしょに食パンに挟むだけ。緑が入って彩りがいいし、パンや卵とは異なるブロッコリーの食感が、よいアクセントになってくれます。

「ブロッコリーのくたくた」もおすすめ

冷凍ブロッコリーは、生のものと比べると、どうしても食感が劣ります。いっそのこと、もっとくたくたにしてしまえば、別の魅力が生まれる! というわけで、サイゼリヤの「ブロッコリーのくたくた」風に仕上げてみましょう。

電子レンジで加熱したブロッコリーを粗く刻み、にんにくの風味を移したオリーブオイルで、弱火で炒めます。塩で味を調え、水を加えてくたくたになるまで煮込んでできあがり。

ホロホロになったブロッコリーのとろけるような食感! にんにくのうまみがしっかり移っていますね~。やさしい甘みも感じられ、奥行きのある味わい。青っぽいにおいは飛んでいるので食べやすいんです。

ブロッコリーのくたくたは、パスタへのアレンジも可能。茹で上げた麺を混ぜるだけで、ブロッコリーのペペロンチーノになります。

カロリーは?

カロリーも見ておきましょう。『ベジーマリア ブロッコリー』は100gあたり34kcal(たんぱく質 2.7g、脂質 0.3g、炭水化物 5.2g、食塩相当量 0.04g)。つまり1袋(2.27kg)全体は約772kcalとなります。ご利用の際の参考にしてください。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|26118 ■内容量|2.27kg ■カロリー|100gあたり34kcal(たんぱく質 2.7g、脂質 0.3g、炭水化物 5.2g、食塩相当量 0.04g) ■原産国|エクアドル ■輸入者|アスク ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|ブロッコリー