コストコの『冷凍殻付きあわび(生食可)』はどう食べる? 刺身もいいけどバターソテーが絶品おすすめ

コストコで販売されている『冷凍殻付きあわび(生食可)』はご存じでしょうか。

オーストラリア産のあわび(タイガー種)が1kg(9個前後)。解凍して、刺身でいただくことも可能です。特におすすめしたいのはバターソテー。フライパンで焼くだけで、絶品のごちそうを楽しめますよ。

埼北水産|冷凍殻付きあわび(生食可)|6,980円

こちらがコストコの冷凍魚介コーナーで販売されている『冷凍殻付きあわび(生食可)』(品番:94343)。内容量1kgで、お値段は6,980円(税込)です。購入したものには、あわびが9個入っていました。1個(殻付きで111gほど)あたりのコスパ(単価)は約776円。

オーストラリア産のあわびで、大きさは10cmほど。「タイガー種」と呼ばれるもので、うすひらあわびとあかあわびの交雑種なんだそう。輸入者は埼北水産です。

調理方法は?

あわびの表面についた氷の皮膜(グレーズ)を流水で落とし、氷水に漬けて解凍。今回は2時間くらいかかりました。

こちらが解凍されたオーストラリア産あわび。汚れなどは落とされている印象ですが、気になる場合はたわしでこするか、塩を振ってもみ洗いしましょう。ただし、塩をかけると身が締まって固くなるとも言われているので、ほどほどに。

殻が薄い側から、殻と身の間にテーブルナイフなどを差し込んで、貝柱をはがします。貝柱がはがれたら、手で殻と身を分離させます。

身に沿って貝ヒモと内臓がついているので、これらを包丁で切り離します。内臓の端にある三角の部分が肝。バターソテーのソースに使うと美味しいですよ(後述)。

身の端っこ(テーブルナイフを差し込んだ側)に口があります。これを切り取って、残った部分をいただきましょう。

刺身はコリコリ食感を楽しめる

飾り包丁を数本入れてから、薄くスライスします。これを殻に盛り付ければ、あわびの刺身のできあがり!

身はコリコリとした食感で、わりと塩気のある味。その奥に、ほんのり甘みを感じます。刺身で食べるという贅沢感は楽しめるものの、感動するほど美味…という印象はないですね。

バターソテーと肝ソースが絶品!

加熱調理も試してみました。フライパンでバターを溶かしてから、切れ込みを入れたあわびを投入。中火で表裏を焼いていきます(ついでに貝ヒモも)。あわびを取り出したら、バターを追加し、刻んだ肝を投入して炒めます。仕上げにしょうゆを加えて、肝ソースのできあがり。

あわびのバターソテーと肝ソースが完成! 付け合わせはししとう。レモンも添えました。

このバターソテー、こうばしさがありつつ、味わいはコク深。身も適度な歯ごたえを楽しめる柔らかさで、最高のごちそうに仕上がりました。肝ソースはくさみもなく、奥行きのあるうまみで美味しく彩ってくれます。レモン汁で酸味を効かせるのもグッド!

さらなるアレンジとして、肝ソースを作ったフライパンに白飯とこしょうを投入して炒めます。この焼きめしにバターソテーをのせれば、うまみのすべてが詰め込まれた極上の丼に! ぜひお試しあれ。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

ラベルの表示によると、『冷凍殻付きあわび(生食可)』は100gあたり89.6kcal(たんぱく質 14.1g、脂質 1.6g、炭水化物 4.5g(糖質 2.5g)、食塩相当量 2.5g)です。本品1個の重量は111g程度ですが、殻や内臓なども含まれるため、それを除いた可食部は半分程度になるかと。お召し上がりの際の目安にしてください。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|94343 ■内容量|1kg ■カロリー|100gあたり89.6kcal(たんぱく質 14.1g、脂質 1.6g、炭水化物 4.5g(糖質 2.5g)、食塩相当量 2.5g、カルシウム 87mg) ■原産国|オーストラリア ■輸入者|埼北水産 ■保存方法|要冷凍-18℃以下 ■原材料|あわび(タイガー種:うすひらあわびとあかあわびの交雑種)・養殖