コストコにある『合食 ブイヤベース』は雑炊でシメたくなるゴージャス海鮮レトルト

コストコで販売されている合食の『ブイヤベース(1kg)』はご存知でしょうか。

お鍋にあけて温めるだけでOK。お手軽調理でゴージャスな魚介スープを楽しめます。残ったら雑炊アレンジが絶品! 以前ご紹介したものとは仕様が変更になっているため、改めて取り上げてみました。

合食|ブイヤベース(1kg)|1,298円

こちらがコストコのチルド食品コーナーで販売されている合食『ブイヤベース(1kg)』(品番:14122)。お値段は1,298円(税込)です。鍋にあけて温めるだけで食べられる、パック入り惣菜。カロリーは100gあたり32kcal(脂質 1.1g、炭水化物 3.0g)です。製造者の合食は、コストコでは『エビのチリソース』『エビのマヨソース』、さらには『するめスティック』などでもおなじみの水産加工食品メーカーです。

本品は、以前紹介した『ブイヤベース』と品番や値段は同じですが、仕様が変わっています。パッケージにも「グリルトマトが加わり、さらにおいしくなりました」と記載されていますし、前回は入っていたじゃがいもが今回はなくなりました。

調理は簡単。パッケージの中身を鍋にあけ、中火で約10分温めればできあがり。落し蓋をすると効率よく加熱できますよ。とろっとしたスープがたっぷり。トマトがよく溶け込んでいます。主な具材はムール貝、殻付きの赤えび、すけそうだら。クタッとなったたまねぎも存在感があります。

どんな味?

さまざまなうまみが溶け込んだ、コク深い味のスープ。それが具材によく染みています。特にタラのホロホロと崩れる身には、濃厚なうまみがのっています。ムール貝も柔らかで味がよく、なんぼでも食べたくなります。また、前回はスジっぽかった玉ねぎも、今回はすごく柔らかく仕上がっていて好印象。

外見は立派な赤えびですが、殻を剥こうとすると、身も一緒に崩れていってしまいます。味に関しては満足ですが、食感を楽しめないのはちょっと残念。

アレンジもおすすめ

スープがたっぷりあるので、最後まで有効活用しましょう。まずはスープパスタにしてみました。うまみ濃厚なスープが麺によく絡んで、なかなかいい感じ。

それよりもおすすめなのが、ブイヤベース雑炊ですね~。残ったスープに残ったご飯を投入して軽く煮込み、粉チーズとオリーブオイルをかけてできあがり。スープのうまみを白飯がすべてキャッチ、さらにチーズのコクが加わって、止まらない味になりますよ。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■品番|14122 ■内容量|1kg ■カロリー|100gあたり32kcal(たんぱく質 2.6g、脂質 1.1g、炭水化物 3.0g、食塩相当量 1.1g) ■製造者|合食 ■保存方法|10℃以下で保存 ■原材料|ムール貝(チリ)、スケソウダラ(アメリカ又はロシア)、たまねぎ、えび、グリルトマト、トマトピューレ、発酵調味料、オリーブオイル、ねぎ、おろしにんにく、砂糖、植物油脂、魚介エキス調味料、かきエキス調味料、食塩、酵母エキス、えびエキス調味料、バジル/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、乳化剤、(一部にえび・小麦・さば・大豆を含む)