MENU

コストコの『寿司ファミリー盛48貫』は値上げで変わった? 最近のネタ・味・コスパをチェックしてみた

コストコの『寿司ファミリー盛48貫』は値上げで変わった? 最近のネタ・味・コスパをチェックしてみた

コストコで販売されている『寿司ファミリー盛48貫』はご存じでしょうか。

海鮮惣菜コーナーの定番メニューですね。手軽につまめて、見栄えもして、量がたっぷりという、ホムパで重宝する食材の代表格! これまでにも何度かご紹介していますが、そのときよりも値段が上がっていますので、改めて取り上げておきましょう。

目次

『寿司ファミリー盛48貫』の価格は?

こちらがコストコの海鮮惣菜コーナーで販売されている『寿司ファミリー盛48貫(SUSHI COMBO PLATE 48CT.)』(品番:94316)。プライスカードには「寿司ファミリー盛48貫(穴子入り)」と書かれていたりしますね。9種類のネタが合計48貫入って、お値段は3,380円(税込)です。1貫あたりのコスパ(単価)は約70円。

パーティなどで大活躍してくれる、コストコの定番商品! 時期によって、ネタがちょこちょこ変わったりしています。2020年1月時点では2,678円(税込)でしたが、2021年12月時点では2,980円(税込)に。そして現行バージョンでは3,380円(税込)と、なかなかの値上げっぷり。というわけで、改めてご紹介しておきましょう。

編集部で計量してみたところ、全体で1,740gほどありました。つまり1貫あたりは36gくらいですね。

『寿司ファミリー盛48貫』のネタ構成は?

今回購入した『寿司ファミリー盛』の構成は下記のとおり。合計で48貫となります。

  • サーモン …… 10貫
  • まぐろ …… 5貫
  • 穴子 …… 5貫
  • いか …… 5貫
  • ぶり …… 5貫
  • えび …… 5貫
  • たこ …… 5貫
  • ねぎまぐろ巻 …… 4貫
  • 玉子焼 …… 4貫

『寿司ファミリー盛48貫』はどんな味?

「まぐろ」は薄めの切身。いわゆるスーパーのお寿司的なクオリティですが、まぐろらしいコクは感じられますよ。いっぽう「サーモン」は、けっこう厚切り。トロッとした舌触りで、身のうまみや脂の甘みが広がってきます。今回のラインナップの中ではいちばんクオリティが高いかも。

「穴子」はふんわり柔らかな食感です。甘いたれが、穴子のクセのある風味をやさしく包み込んでくれます。「いか」はねっとりとした舌触り。噛むごとに淡泊なうまみが広がってきます。これもわりと良いですね~。

「えび」はシャクシャクとした歯ごたえと、安定の味わい。パック寿司などと同じくらいのクオリティかと。「ぶり」はそこそこ厚めの切身。脂がのっていて、うまみと甘みが深い! サーモンに次ぐ満足感があります。

「たこ」は生なので、しっかりとした歯ごたえ。噛むごとにうまみがじんわりと広がってきます。噛み切りにくい固さではありますが、薄切りなので食べきることは可能かと。「ねぎまぐろ巻」は、まぐろ部分のうまみがしっかりあり、大葉の香りが華やかに彩ってくれます。ねぎのさっぱり感もいい仕事です。

卵焼きは、みっしりと詰まってどっしり重い。コクのある甘い味付けで、卵の風味もちゃんと感じられます。

『寿司ファミリー盛48貫』は値上げ後もコスパ優秀

『寿司ファミリー盛48貫』は、お値段がだいぶアップしていますが、それでも1貫あたり70円なので、コスパ的には優秀と言えそう。ホームパーティ用に、手軽につまめて見栄えがするものをお探しなら、本品がオススメ! もっと奮発してよいなら、上位バージョンの『特選ファミリー盛50貫』もありますよ。

『寿司ファミリー盛48貫』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『寿司ファミリー盛48貫』は100gあたり268kcal(たんぱく質 10.3g、脂質 4.5g、炭水化物 44.3g、食塩相当量 0.9g)。つまり全体(1,740gと想定)では4,663kcalという計算になります。1貫(36gと想定)あたりは96kcalほど。1人前を8貫(288gと想定)とすると約772kcalですね。お召し上がりの際の参考にしてください。

商品の評価と詳細情報

寿司ファミリー盛48貫
総合評価
( 4.5 )
品番94316
内容量1,740g(参考)
カロリー100gあたり268kcal(たんぱく質 10.3g、脂質 4.5g、炭水化物 44.3g、食塩相当量 0.9g)
製造者コストコホールセールジャパン
消費期限加工日当日
保存方法要冷蔵4℃以下
原材料にぎり(酢飯(国産米使用)、サーモン、ぶり、その他)、玉子焼、ねぎまぐろ巻/pH調整剤、加工デンプン、酸化防止剤(V.C、V.E)、酒精、チアミン、増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、カラメル色素、酸味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア)、(一部に小麦・卵・えび・いか・さけ・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次