MENU

業務スーパーの『鶏屋さんののり塩カツ』はどうなの? あおさ度・食べごたえ・コスパをチェックしてみた

業務スーパーの『鶏屋さんののり塩カツ』はどうなの? あおさ度・食べごたえ・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『鶏屋さんののり塩カツ』をご存じでしょうか。

国産鶏むね肉を使った冷凍チキンカツです。のり塩味ってポテチですかね? 衣にあおさ粉を練り込んだ香ばしい風味が特徴的。軽い塩気のついたちょうどよい味付けで、おかずにもおつまみにも活用しやすいおいしさですよ。

目次

価格・内容量は?

『鶏屋さんののり塩カツ』は559円(税込、税抜518円)で販売中。内容量は900g。販売は神戸物産、製造はグリーンポートリー(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

「鶏屋さん」はもう1kgじゃない

余計な話ではありますが、以前の「鶏屋さん」シリーズはいずれも1キロ入りだったんですよね。それがいまやどれも900g。それでもコスパ的には悪くないかと思います。

本品や定番品の「鶏屋さんのチキンカツ」が約62円/100g。一般スーパーだとこの手の冷凍チキンカツは120円/100g程度で見かけるので、お買い得感はありますね。

調理方法は?

170℃の油で凍ったままの本品を3~5分揚げるだけ。

他のシリーズ品と同じく、カツの形とサイズは不揃いな傾向です。揚げ時間に違いが出るほどではないので、こんがりと色がつく程度を目安にしっかりと加熱しましょう。

のり塩の味がするの?

パン粉を使った衣は薄めで軽やかなサクサク感。むね肉はしっとり柔らかめの肉質で、脂身のプリッとしたジューシーさも残してある口当たりです。重たさがなくてつまみやすく、ほのかな肉汁感を含めて食感はそつのない仕上がりとなっています。

さっぱりした鶏肉の旨みを引き立てる程度に塩味を効かせてあります。衣に練り込んだあおさの香りもプラスされたのり塩テイスト。そこまで塩味を強調してはおらず、あおさも風味に奥行きを足している程度の強さなので、ちょっと地味な味付けではありますね。

そのぶん好みを選ばないおいしさで、ソースなどをかけてご飯おかずにする用途にはぴったり。あおさの香ばしさのおかげでビールとの相性もそこそこ優秀です。

他のシリーズ品と同様、安心してチョイスできる十分なクオリティの一品ですよ。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『鶏屋さんののり塩カツ』は100gあたり156kcal(脂質 4.6g、炭水化物 12.7g)。召し上がる際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

鶏屋さんののり塩カツ
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量900g
カロリー100gあたり156kcal(たんぱく質 15.2g、脂質 4.6g、炭水化物 12.7g、食塩相当量 0.8g)
製造者グリーンポートリー
販売者神戸物産
原材料鶏むね肉、衣(パン粉、小麦粉、食塩、あおさ粉、こしょう、砂糖、でん粉、大豆粉末、ゼラチン、植物油脂、デキストリン)/加工デンプン、甘味料(ソルビトール)、調味料(アミノ酸等)、香料、(一部に小麦・大豆・鶏肉・ゼラチンを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次